小平市~多摩地区の生前の資産管理から遺言・相続のご相談も。

こだいら終活支援カフェ│生前準備や相続・遺言などの相談をお寄せください

サイト内検索

相続税・贈与税

相続税と税理士の話

投稿日:2018年2月22日

毎年1年間で発生する相続件数はここ数年110~125万件程度だと言われています。
その中で相続税の支払いが発生する割合はどれくらいあるのでしょうか。

 

実は、約4.1%くらいです。
※平成27年1月1日の相続税に関する法律が改正されたことから、今後はもう少し増えるかもしれません。

 

つまり、1年間に発生する相続のうち96%は相続税を払う必要がないということになります。

 

その中には、多少相続税対策をしたからこそ、相続税を支払わずに済んだという方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は「そもそも相続税のことを考える必要がなかった」というケースです。

 

 

従って、ほとんどの方に大事なのは相続税云々より、「揉めないための相続」です。

このことについてお話すると、ほとんどの方は「相続税の心配はしなくていいんだ」と思われると思いますが、もし「いろんな制度、優遇措置を精一杯利用しても、やっぱり相続税がかかるかもしれない」と思われる方は、税理士にご相談された方が良いと思います。

 

その場合は、相続に強い税理士を選びましょう

 

相続税の申告は、ほとんどの税理士が得意とする決算業務等とは趣きが異なり、不動産の知識やその他特殊な知識が必要となります。現在、日本全国で税理士は7~8万人いますが、上記の通り、1年間に発生する相続税の申告は、せいぜい5万件程度です。

 

 

1年間に1度も相続税の申告を経験しない税理士もいるということです。

 

大事なところで失敗しないよう、当センターにご相談ください。
強力な力となってくれる税理士をご紹介し、必要に応じていろいろな交渉の橋渡しをいたします。

こだたま行政書士事務所 林洋平

-相続税・贈与税
-,

Copyright© こだいら終活支援カフェ│生前準備や相続・遺言などの相談をお寄せください , 2019 All Rights Reserved.