小平市~多摩地区の生前の資産管理から遺言・相続のご相談も。

こだいら終活支援カフェ│生前準備や相続・遺言などの相談をお寄せください

サイト内検索

相続コラム

相続放棄は厳格な手続きです。「財産放棄したから大丈夫」と宣言しても、それって本当に大丈夫?

投稿日:

東京都小平市のこだたま行政書士事務所です。

相続のご相談を承っていると、たまに「私は財産放棄したから大丈夫」という言葉を耳にします。

 

どうやら被相続人が債務超過のまま亡くなられ、本来相続人には借金返済の義務が生じるところ、「私は放棄したから大丈夫」ということのようです。

 

しかし、よくよく聞いてみると、単にご家族や他の相続人に放棄することを宣言しているだけというケースがあります

 

相続において、「放棄」といえばほとんどは「相続放棄」を指し、相続放棄は一定期間中に、家庭裁判所に対して手続きを取って初めて効力を発します。

 

よって、いくら周りに対して「私は財産は要らない」と言ったところで、すぐにその相続から無関係となれるわけではありません。

 

特に、負債が多い相続において、その負債の返済義務を負いたくないと言う場合は正しい「相続放棄」の手続きを確実に取る必要があります。

 

必ず、専門家に相談するなどして、ご自身が思った通りの結果になるように気を付けましょう。

 

(相続放棄と財産放棄の違い)

   相続人の地位 プラスの財産  マイナスの財産  手続き
相続放棄

初めから相続人ではない

受け継がない  受け継がない  家庭裁判所に対して手続き
財産放棄 引き続き相続人のまま 気持ちが変われば受け継げる  嫌でも受け継ぐ 遺産分割協議には協力する必要あり

-相続コラム
-

Copyright© こだいら終活支援カフェ│生前準備や相続・遺言などの相談をお寄せください , 2019 All Rights Reserved.