小平市~多摩地区の相続、遺言、後見についてのご相談

こだいら終活支援カフェ│東京都小平市の相続・遺言・後見のご相談をお寄せください

 042-312-3477

サイト内検索

終活(生前の準備) 相続コラム

【ココイチ創業者の事例から学ぶ】遺産を社会に役立てたいときは、遺言を残しておきましょう。

投稿日:2018年5月27日

こだたま行政書士事務所です。
日々、終活などの話題やニュースには目を配っています。

引用元をしっかり示した上で、できるだけこちらのブログで集約してご紹介できればと思っています。

今回も、自身の財産を社会のために役立てたいと考える方の記事を見つけました。
経営者独特の考え方なのかもしれませんが、一つの考え方としてご紹介しておきますね。

※本文中の太字は私によるものです。

ココイチ創業の宗次徳二氏「私財は相続させず奨学金等に」

グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏(69)が持ってきたのは、後任の社長から贈られた「バイオリンのピンバッジ」だ。

クラシック好きが高じて28億円の私財をなげうち、名古屋にコンサートホール『宗次ホール』を建設した。輝くピンバッジは、開館日に現社長から贈られた。

「私がバイオリンの音色に魅了されていることをよく知る後継者からのサプライズは、心の琴線に響き、涙してしまいました」

孤児院から3歳で養子となり、幼少期は雑草を食べるような困窮生活。だが、自分を不幸と思ったことはなく、他人を恨んだこともない。その穏やかな表情には、生来と思しき気品が漂う。

妻と二人三脚で始めた事業は右肩上がりで大成功。「三流経営者でも何とかなる見本でしょうか」と謙遜するが、朝4時台の出社など、並みの経営者以上の働きがもたらした結果なのである。

「この先も“百利あって一害なし”の早起きを続け、これまで同様、毎日一所懸命生きることが私の終活。亡き後の私財は相続させず、奨学金やホームレス支援などにすべて投じます

自分に辛口、世に甘口な男だ。

【プロフィール】むねつぐ・とくじ/1948年、石川県生まれ。カレーハウスCoCo壱番屋の創業者。53歳で経営から退いた後、音楽やスポーツ振興、福祉施設支援などを行なうNPO法人イエロー・エンジェル設立。経営者向けの講演活動も行ない、著書多数。

◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペース リーブ(※写真は著作権の関係上、ここには表示しませんので引用元の記事にてご確認ください。)

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年6月1日号

引用元URL:http://www.news-postseven.com/archives/20180527_679178.html

 

私なんかは、財産を社会のために役立てるという立派なことはまだまだやる余裕もなく…。笑

おそらく私と同じくほとんどの方は、築いた財産については以下のように考えていらっしゃると思います。

  • 自分の余生をより良く暮らすために使う
  • 今後、加齢などで心身が不調となったときの備えとして取っておく
  • 自分の死後に残した財産は、配偶者、子、孫などの家族に使ってほしい

もしそうであれば、そのためにいろんな準備と対応の方法があります。

 

贈与税が負担にならない程度に、少しずつ家族に財産を移していく。
今後に備えて、自宅を介護用にリフォームしておく。
財産を預貯金や、ある程度国や自治体の信用力の恩恵を受ける有価証券に変えておく。(国債など)

 

終活の方法は、いろんな観点から本当に様々です。

 

ですが、今回の記事に紹介したココイチの創業者のような「社会のために役に立てて欲しい」ということを実現するためには、原則として遺言を書いておく、それも公正証書遺言を残すという方法になるかと思います。

 

相続は、故人の意思や遺族の意思が尊重されます。
なので、相続人に「自分の意向にそぐわないことをする人間は一人もいない」という絶対的な自信があれば、「私が死んだら、その財産は社会のために役に立てて欲しい」と口頭でも残しておくだけで大丈夫です。

 

通常、遺産は相続人の方(一定の親族)が相続するので、親族以外の方が遺産を受け取ることはありませんが、その相続人の方が一人残らず全員「故人の言うとおりに遺産を全て外部に寄付しよう」と言えば遺産は全て社会のために役立てられます。

 

ただ、残念ながら勝手にそうしてくれるだろうと信じられるほど、何もかも順調に行くということは、あまりないのです。

 

生前は家族みんなが仲良くしていても、誰かが亡くなってその均衡が崩れることもよくあります。

 

従って、今回の宗次氏のような意向をお持ちの方は、必ず公正証書遺言を残しておくようにしましょう。
さらにその遺言で、「遺言執行者」を選任しておきます

 

遺言は故人の意思(死後については、「遺志」)となりますので、法律上もかなり優先され、尊重されます。

厳密には、これも相続人全員の同意があれば遺言の内容を無視することもできるのですが、遺言執行者を立てておけば、相続人が遺言の内容に反対しても、粛々と執行者の業務を進めていくことになるでしょう。

遺言執行者が遺言の内容に従って、故人の意向通りに、寄付する先の団体などに寄付していきます。(これを「遺言寄付」ということがあり、そういう内容の遺言を「遺贈遺言」と呼ぶこともあります。)

 

 

また、遺贈遺言の方法で遺産を社会に役立てたいと思われる場合、その寄付する先はよく考えておく必要があります。

社会のために役立てたいとは言っても、教育のためなのか、芸術のためなのか、恵まれない子どもたちのためなのか、障害者のためなのか、様々です。

当然、そのために活動している団体や法人はちゃんとしたところなのかの調査も必要になるでしょう。

 

こだいら終活支援カフェでは、現時点で世界の子どもたちのために活動している「認定NPO法人 国境なき子どもたち」と情報共有及び業務提携を行っており、スムーズな遺贈遺言のご相談が可能です。

また、それ以外の分野への寄付をお考えの方にも常に信頼できる情報提供を心がけておりますので、時間のあるうちにじっくりとご相談にお越し下さい。

 

各専門家の手配が必要であれば、ご希望に応じてご紹介も可能です。(ご意向に反して勝手に他士業や他業者をご紹介することはありません。)

つまり相続、遺言、終活に関することであれば当カフェを通じて適切な相談先を見つけることが可能です。

 

もちろんご相談やご紹介は無料です。

お電話や対面でのご相談が苦手な方や匿名で相談したいという方は、お問い合わせフォームなどから(お問い合わせフォームではお名前部分に何かしら文字を入れないと送信できませんので、「匿名希望」などと入れておいていただければ良いと思います。)お気軽にご質問などをお寄せください。

 

それでは、また何か新しいニュースなどがあれば随時公開していきますね。

 

ちなみに、私は大のココイチ好きで、店の前を通りかかるとついついカレーの香りに誘われて食してしまいます。

お問い合わせはお手軽メールフォームで

 

【こちらからの連絡方法についての希望】
特になしメールでの連絡を希望電話での連絡を希望

 

【どの内容についてのお問い合わせですか(複数選択可)】
相続(遺産分割)遺言成年後見法律または税金その他・分からない

 

入力後、下の「入力内容確認画面へ」ボタンを押してください。
送信前に入力内容がご確認いただけます。

※この時点ではまだ送信されません※

その後、「送信」ボタンを押すとお問い合わせが送信されます。

 

お電話はこちら

スマホの方は下のボタンをタップで発信できます。

お電話はこちら

 

営業時間:9:00~20:00(火・木・土は22:00まで受付)
定休日 :日曜日(事前に予約がある場合は営業)

※営業時間外は留守番電話対応となります。
 折り返しご連絡いたしますので、お名前とお電話番号をお話しください。

-終活(生前の準備), 相続コラム
-, , ,

Copyright© こだいら終活支援カフェ│東京都小平市の相続・遺言・後見のご相談をお寄せください , 2018 AllRights Reserved.