小平市~多摩地区の相続、遺言、後見についてのご相談

こだいら終活支援カフェ│東京都小平市の相続・遺言・後見のご相談をお寄せください

 042-312-3477

サイト内検索

相続コラム

遺産分割の種類

投稿日:2018年3月30日

こだたま行政書士事務所です。
もうすっかり春の装いになってきた3月30日です。
今回は、遺産分割方法の種類についての話です。

 

遺産分割にはいくつかの種類があります。
まずは、遺産の全部を分割するのか、一部を分割するのかという区別です。

分割する遺産の範囲

まずは遺産の全部を一度に分けるのか、順を追ってひとつずつ分割していくかという「範囲」に関してです。

全部分割

全部分割とは、その名の通り、被相続人の遺産の全部を分割の対象とすることで、これが最も一般的かつ望ましい方法ではあるでしょう。

遺産が不動産と預貯金と現金であれば、その全てを一覧にまとめ、それぞれを誰が、どれくらいの割合で相続するのか決めていくことになります。

一部分割

遺産のうち一部を分割の対象とすることです。

例えば、以前にあったご相談の中で、被相続人が第三者に対して金銭債権を持っているケースがありました。
簡単に言うと、被相続人が生前誰かにお金を貸していて、それを返してもらわぬまま亡くなってしまったということです。

その被相続人には他の遺産もあったのですが、相続人の方から「債権回収を急ぎたいので、まずはその債権だけについて遺産分割したい」という希望が出ました。

他の相続人も、その部分については意見統一されていました。

そこで、他の遺産はさておき、まずはその債権だけについて遺産分割協議遺産分割協議書を作成し、相続人のうちその方1名だけがその債権を相続するということにして、他の相続人全員から実印をいただきました。

これによって、相続することになったその方は、速やかに、単独で、債権の全額を請求できることとなったのです。

このように、何か事情がある場合に他の遺産を後回しにして一部だけを分割することもできます

 

分割の方法

次に、遺産を「どのような形にして」分割するのかという見方からの区別です。

現物分割

もし遺産が不動産しかなく、相続人は複数いて、それぞれが法定相続分を相続したいという希望を曲げなかったらどうなるでしょう。

不動産は半分に切って分けることができません。

土地であれば「分筆(ぶんぴつ)」といって登記上分けることもできなくはないのですが、もしそれにまたがるように家が建っていたりする場合にそのようなやり方をすると後々争いのもとになる可能性があります。

また、マンションや建物であっても、持ち分で共有することは可能ですが、どうしてもそうしたいという理由がない限り避けた方がよいというのが一般的です。(これもまた、後々面倒なことが多くなるためです。)

そこで、やむなく売却してお金に換える必要が出てきます。

現金に換えれば簡単に分けられますよね。
このように、簡単に分けられないものをはじめ、現金化して分割するという方法を換価分割と言います。

代償分割

これも例を挙げてご説明します。

被相続人の遺産が3,000万円相当の土地建物だけだったとして、相続人は妻と一人っ子だったとします。(それぞれ、法定相続分は2分の1ずつですね)

もう一つ、妻は、自分名義の財産として1,500万円の預金を持っています。

この場合、土地建物を半分ずつ共有するのが適当でしょうか。(現物分割)

もちろんそうしてもいいのですが、前に説明した通り、特段の事情がない限り、不動産の共有という事態は避けたいものです。

では、不動産を売却して現金3,000万円に換え、それを1,500万円ずつ分けるのが適当でしょうか。
何か違うという気がしませんか。家が無くなってしまいますね。

特に、相続人が高齢の場合は、家はそのまま残しておきたいところです。

こういうときに検討のひとつとなるのが代償分割です。

上の例で行くと、まず妻はそのまま不動産(3,000万円相当)を単独で相続します。

ここまでであれば、もう一人の相続人である子にとってはもう何も相続するものがなく、不公平ですよね。

そこで、妻は、自分が多めに相続してしまった分を子に対して自分の財産、この例では1,500万円の預金ですが、それをもって「償う」のです。

本来は妻と子が相続人であれば1,500万円の価値ずつを相続するのが法定相続分であるところ、妻は3,000万円の価値を持つ不動産を相続したので、余分に相続した1,500万円を、自分が前から持っていた1,500万円の預金で償うということです。

これであれば、子ももともと相続する予定であった1,500万円の財産が受け取れたのですから、不満もなく、客観的にも公平ということになります。

この代償分割は相続人が現金や預金を持っていないとできないことですが、特に不動産しか財産がない相続の場合は、生命保険などを活用して、被相続人が亡くなった際に支払われる保険金を代償分割のために充てることもあるようです。

こだたま行政書士事務所
行政書士 林洋平

お問い合わせはお手軽メールフォームで

 

【こちらからの連絡方法についての希望】
特になしメールでの連絡を希望電話での連絡を希望

 

【どの内容についてのお問い合わせですか(複数選択可)】
相続(遺産分割)遺言成年後見法律または税金その他・分からない

 

入力後、下の「入力内容確認画面へ」ボタンを押してください。
送信前に入力内容がご確認いただけます。

※この時点ではまだ送信されません※

その後、「送信」ボタンを押すとお問い合わせが送信されます。

 

お電話はこちら

スマホの方は下のボタンをタップで発信できます。

お電話はこちら

 

営業時間:9:00~20:00(火・木・土は22:00まで受付)
定休日 :日曜日(事前に予約がある場合は営業)

※営業時間外は留守番電話対応となります。
 折り返しご連絡いたしますので、お名前とお電話番号をお話しください。

-相続コラム
-,

Copyright© こだいら終活支援カフェ│東京都小平市の相続・遺言・後見のご相談をお寄せください , 2018 AllRights Reserved.